読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とろとろメトロ

わたしがすきなことをすきなようにかいています。

メイドレポ二日目part2

 

 

前回の続きです。

onakaitaimisa.hatenablog.com

題名を見て違和感がある方が多いのではないだろうか。

そう、私は

 

メイドカフェはしごをしたのである。

 

 

本当にバカかよ……昨日合わせると3回目になる。

というか、例えば友達が旅行に行っててどこ行ってきたの?って聞いた時に、「ええ~メイドカフェばっか行ってたな~~」とか言ってたら「お前阿呆なんじゃねえの?メイドカフェなんていつでも行けるじゃんかもっといろいろあったろ!!テメー旅行のセンスねえよ一生家から出るなボケなすび死ね!!!!!!!!!!」

と言うと思います。ええ、これを読んでいるみなさまの大半もそう思われると思います。

ですが、いいですか。

 

 

目当てのメイドがいるメイドカフェは1つしかないんです。

 

 

 

これを分かっていただけたらと思います。

というか、だからといって私はずっとメイドカフェにいたわけではありませんよ?

通天閣や、道頓堀、心斎橋や、新世界!

大阪らしいところはほぼほぼ回りました!ですが、不思議なものですね。

 

 

メイドカフェの記憶しかありません。すみません。キモくてすみません……

 

 

 

とまあ、通天閣あたりで夜ご飯を食べた後、まだ時間に余裕があって、そわそわしている私を見かねてくまさんが一言。

 

 

くまさん「まあ、時間あるしどこ行くよ?このまま近くの駅の電車で帰ってもええんやけど、なんばの方まで歩いてもええけど?(明らかにメイド喫茶に行きたいです、と言わせようとしている)」

 

みなせ「………………と、と、とりあえず!なんばまで行きましょうか!なんかありそうですしね!」

 

心の中みなせ(ああ~~めっちゃ行きたい行きたいやばい…はよいきたいwwwwwwwwwwwwww気持ちが抑えられないわろすwwwwwwwwwww我www所望すwwwwメイドキボンヌwwwww)

 

 

という訳で結果的にメイドカフェに来たのである。(アホ)

だが、今回は別の店舗のメイドカフェに来てみた。同じ店舗に行っても良かったのだが、どうせみうちゃんは今日いないのである。ならば、別店舗で比較してみることも大事なのではないだろうか。という結論に至った。

 

 

そして、入店。

 

「おかえりなさいませ~!ご主人様!」

 

これにもかなり慣れた。メイドカフェ二日目とは思えない風格である。

基本的に初めての方にはシステムの説明をしなければならないので、こういうところは初めてか?と聞かれる。二日目の朝に入ったメイドカフェでは正直に二回目です!と言ったのだが、なんだかそうすると最初の絡みが淡白だったので、あえて私は

 

「いや~初めてです~(>_<)!」

 

と言った。後々くまさんに

「なんで初めてなんて言ったん?」

と聞かれたので上記にかいたことを話すと

「なるほどなwwww君もよう考えるなあwwwwwwwほんまにwwwwwアホやなあwwwww」

と、言われた。

 

(区別化をはかるため最初に来た方を1号店、2回目に来た方を2号店と勝手に呼ばせてもらう)

2号店の店内は1号店に比べるとかなり小さめ。というか、1号店が広すぎるのだろうか。だけれど、私的に店内の壁紙は2号店のほうが好みだった。すごくかわいい感じで、赤を基調とした店内だった。

 

今回案内してくれたのは中堅メイドのひなちゃんだった。

 

ひなちゃん

 中堅メイドのひなちゃん。そこまでメイドメイドしてる子ではなく、ちょこちょこ普通の女の子の素っぽいところがでる。普段はかなりだらだらとするのが好きみたいで、「昨日久々のお休みだったので何かしようと思ってたんですけど何もせずに1日寝ちゃってました……」というくらいにはひきこもり体質のよう。

 

2号店には入ったときお客さんは私達以外に3組入っていた。

その内2組が女の子グループだったのには驚きであった。意外にも女の子もメイドカフェに入るようである。

もう一つのグループはかなり問題のある客だった。

 

4人組のヤンキーグループである。

 

私も特にそんな最初は「うわ~~こわいな~~大阪のヤンキーこええ~~」とか思ってたくらいなのですが、段々色々とムカついてきていました。

 

キャッチちゃん

 ほぼほぼあんまり絡みが無くて、ずっとキャッチをしていたイメージなのでこの名前です。かなりふわふわしたものが好きな様。(スマホケースや、アクセサリー、性格からの判断)出勤率かなり高めのよう?将来は東京に住みたいらしい。

 

ヤンキーA「なあなあ!姉ちゃん!!!」

キャッチちゃん「はいにゃん!♡どうしました?」

ヤンキーA「これ、魔法かかってないんやけど?www」

ヤンキーB「おまww何言うとんww」

キャッチちゃん「おろろ~?どうしてそんなこと思うんですか?」

ヤンキーA「いや、かかってないんやもん~~」

キャッチちゃん「ちゃんとかかってますよ!だから大丈夫です!♡安心してください!」

そのままキャッチちゃん席を離れる。

ヤンキー達「wwwwwwwwwwwww」

みなせ「………………。」

心の中みなせ(何言うとん??自分らアホなんか???魔法かかってるに決まっとるやろお前らが魔法勝手に消してんじゃねえよぶち〇すぞ????コラ!!!!!!オイ!!!!オイ!!!!!!!!)

他にも。

 

ヤンキーA「キャッチちゃん!キャッチちゃん!お話しようや!」

キャッチちゃん「ごめんなさい今からお外に行きます(チラシ配り)寒くないかな~」

ヤンキーA「そうなんか!!!お話ししてくれないん????」

キャッチちゃん「あはは………(-_-;)」

ヤンキー達「wwwwwwwwwwwwwwww(馬鹿にした笑い)

みなせ「………………………。」

心の中みなせ(何メイドさんたちバカにしとるん?大体メイドさん達忙しいんやからあんまり呼ぶなよボケカスコラア!!!!!!!!そういうもんちゃうやろあほかて!!!いい加減にしろやコラアアッ!!?!?!?!?!?!?!??!大体声がでかくてうっさいんじゃボケが!!!!!!!〇ね!!!!!!)

 

とまあ、本当にマナーの悪いお客さんがいたので、注意しようかとも思ったんですが、

 

 

流石チキンを揚げるお店で働いていたチキンみなせ、内弁慶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって怖いんだもん!!!!!!!!!!!大阪のヤンキー怖いんだもん!!!!!!!!!!!!!

 

そんなチキンみなせより頼れるメイドさんが登場です。

 

ひかるちゃん

 このお店ではかなりのベテランメイド。暇なときBGMに合わせて一緒に歌っている姿はまるで歩くカラオケボックス。ゲームをかなり嗜むようで、ゲーマーのくまさんとかなり熱くファイナルファンタジーのことについて喋っていた。将来は東京に住みたいらしい。

 

ひかる「ご主人様達、すみません、メイド喫茶は指名制ではないので名前などを呼ばれるのはちょっとNGなんです~」 

ヤンキーB「ああ~そうなん?いや、俺らさ、全然来たことなかってん!だからどういうんが正解とかわからんくて!これアカンの?」

ひかる「そうなんです~ごめんなさい~」

 

この後ほどなくしてヤンキー達は帰っていきました。

 

いやいやひかるちゃん強すぎでしょ…。

 

というか、キャッチちゃんもめちゃめちゃだるい絡みされてたのに毅然とメイドを貫いていてプロフェッショナルすらも感じました。素晴らしすぎる。なんだこれ、物凄く感動してきたぞ……。あんな怖い人達(しかも4人)にしっかりと注意できるなんて本当にすごい。最後までお見送りもしっかりしていたし、その後なんかため息とかそういうのをつくわけでもなく笑顔でテーブルを拭くひかるちゃんを見て本当にカッコイイなと思いました……。私だったらあんなの泣いちゃうよなあ……と思ってしまいます。

 

 

そんな彼女にとても感動して、私はひかるちゃんとチェキを1枚撮って帰りました。

(私はすごくシナモンが好きという話をしたら、チェキの落書きにシナモンを書いてくれてすごくうれしかった。というかとても絵が上手い!私のお気に入りの1枚です。)

 

 

可愛いだけじゃない、かっこよさもあるメイド喫茶に私はますますハマっていくのです。私は彼女達に仕事とは何かとよく考えさせられました。

すごくいい経験でした。

 

私達が帰る頃にちょうどひかるちゃんが雨の中チラシ配りをしていたので、1枚もらって、「これからも頑張ってください。お疲れ様。」と言いました。

というか、そんな事しかできなかったです。

 

彼女が人もまばらになってきた夜の大通りを一人ぽつんと雨の中傘をさしてチラシを配っている姿を私は一生忘れません。彼女はあの通りで何を考え、何を見据えていたのでしょうか。私は彼女達が将来幸せになってくれればいいなと祈るばかりです。

 

続きます!

 

~おまけ~

旅行中にしていた友人とのLINEでの絡み

 

友人「楽しいか?メイド喫茶

みなせ「まあ、今度そのことに関しては話すわ。一言では言えねえな」

 

 

友人「みなせってやっぱりきもいよね」

 

 

みなせ、強く生きます。

 

onakaitaimisa.hatenablog.com